健康に植毛するなら自毛植毛!

自毛植毛とは、人工毛植毛とは違い、自分の髪の毛を利用して植毛する植毛法です。

薄毛が気になる人のほとんどの部位は頭頂部だと思います。

これは、頭頂部は側頭部や後頭部に比べて、薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けやすいからです。それに比べて、側頭部や後頭部の髪の毛はこのホルモンの影響を受けにくいので、そのことを利用して薄毛や脱毛した部位に移植します。

この移植では、根毛を含めた「毛包」単位で移植します。

weblio辞典の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

髪の毛の細胞が毛穴に残ることになるので、抜け落ちて再び生えるというサイクルを繰り返すようになります。
人工毛植毛の場合、人工毛はナイロンや化学繊維で作られているので健康に悪いのではないか、副作用が生じるのではないかと不安な人も多いと思います。



しかし、自毛植毛の場合は、自分の髪の毛を利用するので、拒絶反応もあまりでることなく、健康的に植毛することができます。

自毛植毛に関する予備知識の情報が満載です。

髪の毛を触っていてなんだか違和感を感じそうとか、自然なものではないものを身体に取り入れるのは避けたいという人も安心して治療することができます。

側頭部や後頭部の髪の毛はホルモンの影響を受けにくいということで、移植したあともそのホルモンの影響を受ける可能性は低いです。

移植された髪の毛の毛根の下部には、毛乳頭という髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織があり、この組織が移植部分の頭皮の毛細血管や神経と結合することにより、次第に髪の毛が成長します。


自毛植毛は、自然の力を利用した健康的な治療法として、注目を浴びています。